Movement System Monthlyメンバーになると・・・

アメリカで活躍しているPTから毎月フレッシュな臨床のヒントが得られます!

 

[ 役立つポイント 1 ]

筋骨格系の痛みの問題に対して、系統だったシステム MSI(運動系機能障害症候群)を利用しながら、患者さんの評価・治療について学べる。

解剖学・運動学・生理学など、基礎の復習もわかりやすく説明。

ウェビナーのレクチャーを聞いている時に、ノートが取りやすいようにハンドアウトがダウンロードできる!

[ 役立つポイント 2 ]

日頃臨床で悩んでいる内容、英語の文献の訳し方など、熱心な運動系のプロフェッショナルたちが集まった場で気軽に質問でき、ディスカッションに参加できる。

過去3ヶ月分のウェビナー動画が視聴できる!

[ 役立つポイント 3 ]

Nexus Motionだからこそお届けできる、サーマン先生の合宿で学んだ理学療法最先端の内容も学べる!

臨床だけでなく、自分自身の成長にも役立てるヒントを毎月紹介します。

ムーブメントシステム・マンスリー

症例や文献を紹介しながら、痛みの原因を理解した上で治療を考えていくプロセスを毎月ディスカッションしましょう。これからは、最先端の研究者や臨床者たちをゲストにお迎えしていく予定です!

2020年

1月:最小抵抗の軌道

2月:相対的な柔軟性

3月:相対的な硬さ

4月:股関節周辺の筋力強化プログラムとランニングについて

5月:ランニングのメカニクス変化とフィードバックの与え方

6月:日常活動の行い方

7月:過剰可動性が痛みを促す

8月:ムーブメント・スペクトラム

9月:運動学習・運動制御

10月:領域的相互依存性

11月:標準検査と分類の必要性

12月:股関節の研究者、Cara Lewis PT, PhD 先生をゲストにお迎えします!

2021年

1月:基礎から始めよう!腰痛のテーマ

2月:ハーバード大学ランニングセンター長の Irene Davis PT, PhD 先生をゲストにお迎えします!

マンスリーメンバーになりたい!

"Every patient seen was like solving a puzzle and I found that by using MSI my evaluations were systematic. I clearly identified the contributing factors to the movement diagnosis. As a result, patients demonstrated improvement in movement via functional modifications and specific exercises tailored to each patient. 患者さん一人一人をパズルの問題として捉えることを学びました。MSIを使うことで評価が系統的で、運動系の診断のための関与因子もはっきりと確認できました。結果的に、機能的修正と特異的なエクササイズをそれぞれの患者さんに合わせることで、患者さんの動きが改善しました。"

Michael Salazar, PT, DPT, OCS
Graduate of Movement System Clinical Fellowship

毎月たったの$29.99で世界の理学療法士たちと繋がっていられる!

臨床をスキルアップさせたい。指導している学生さんたちに問題の解き方を教えたい。学生だけど方向性に迷っている。そんなあなたも、みんなと一緒に便利な環境で勉強できます!

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.