2020 バーチャル

Los Angeles Movement System Seminar

自宅でセントルイスのワシントン大学教員たちから学べるセミナー

セントルイスに行かなくても世界トップレベルの先生から自宅で学べます!

対象者:理学療法士、その他運動系に関わっている専門家

定員:30名

参加費:$525

*ムーブメントシステム・イントロのオンラインコースとこのライブセミナー両方に登録された方には、$100返済させていただきます!

このコースはすでにMSIのセミナーを受講された方にお勧めできるアドバンスコースです。初めてMSIを受講される方は、ぜひムーブメントシステム・イントロのオンラインコースを利用して勉強されると、内容が理解しやすいです。

2020 LAMSSライブ配信のお申し込みは終了しました

自宅から本場の先生に指導してもらえる!

事前学習をしっかり予習してから、3日間集中したライブウェビナーの形式です。日頃、肩関節や頸椎の患者さんの評価や治療に苦戦している理学療法士にとって、どのように運動評価が行われているのか、検査中どんなことに着目しているのか、治療はどう計画されているのか、答えが詰まっているセミナーです。

レクチャーの時間は最初の2時間ほど。残りの時間は、先生方がご用意された様々な患者さんの動画を一緒に評価し、ディスカッションを行ったり、スクリーンを通して先生方に日本人のアライメントや動作分析を行ってもらいます。

後日、復習を何度でもしていただけるためにライブ配信は録画されます。

11月21日:午前6時〜午後1時
11月22日:午前6時〜午後1時
11月23日:午前6時〜午後1時


2020 LAMSSライブ配信のお申し込みは終了しました

00

DAYS

00

HOURS

00

MINS

00

SECS

Shirley Sahrmann, PT, PhD, FAPTA

セントルイスのワシントン大学理学療法学科、名誉教授。60年以上の臨床経験を持ち、PTは運動系の専門家として診断・分類するべきだ。そのために、分類カテゴリーである運動系機能障害症候群(MSI症候群)を発達してこられました。現在でも常に”なぜだろう”と考え続けられている、いつも誰よりも大きく進化を続けられている、理学療法ワールドのレジェンドです。

Cheryl Caldwell, PT, DPT, CHT

サーマン先生と共に、過去30年以上MSI症候群を発達してこられた、ワシントン大学理学療法学科の助教授。ハンドセラピストの資格もお持ちで、上肢のスペシャリストです。青い教科書の第5章・第6章を執筆された先生です。彼女のきめ細かで、丁寧なレクチャーと実技指導がとても印象的だと、セントルイスのコースの参加者は感動されていました。

肩甲骨MSI症候群

ワシントン大学のホームページの肩甲骨のレクチャーが和訳された内容を無料で学習できます! 

現在準備中です!

上腕骨MSI症候群

ワシントン大学のホームページの上腕骨のレクチャーが和訳された内容を無料で学習できます! 

現在準備中です!

頸椎MSI症候群

ワシントン大学のホームページの頸椎のレクチャーが和訳された内容を無料で学習できます! 

現在準備中です!
 
 

3日間のスケジュール(ベテランの先生方が参加者の反応に応じて変更される可能性が高いです)

11月21日(土)
6-8am 肩のMSI症候群のイントロ
8-8:15am 休憩
8:15-9:45am サーマン先生の肩患者さんの評価デモンストレーション
9:45-10:45am 休憩
10:45-11:15am 立位アライメントのラボ
11:15-11:45am 肩屈曲動作のラボ
11:45-12pm 休憩
12-12:30pm 肩外旋動作のラボ
12:30-1pm 肩外転動作のラボ

11月22日(日)
6-6:30am 質疑応答
6:30-8am 背臥位の検査のラボ
8-8:15am 休憩
8:15-9:45am 腹臥位・四つ這い位の検査のラボ
9:45-10:45am 休憩
10:45-12:15pm 肩関節疼痛患者のライブデモンストレーション
12:15-12:30pm 休憩
12:30-1pm 質疑応答、ディスカッション

11月23日(月)
6-6:30am 質疑応答
6:30-7:30am 頸椎の検査と機能障害のラボ
7:30-7:45am 休憩
7:45-8:15am 頸椎自動的AROMの評価のラボ
8:15-8:45am 四つ這い位の評価のラボ
8:45-9:30am 機能的活動の指導
9:30-10:30am 休憩
10:30-12pm 頸椎疼痛患者のライブデモンストレーション
12-12:15pm 休憩
12:15-1pm まとめと質疑応答

2020 LAMSSライブ配信のお申し込みは終了しました

通訳・講師紹介

Nexus Motion 代表 諸谷万衣子

セントルイスのワシントン大学理学療法学科卒業、臨床博士号DPT.  続運動機能障害症候群のマネジメント(医歯薬出版)の翻訳チームの一員。整形外科認定PT. ワシントン大学ムーブメントシステム・クリニカルフェローシップの臨床教員も務める。2016年にワシントン大学から卒業生功労賞を受賞された。カリフォルニア州や日本各地、そしてオンラインでムーブメントシステムの教育に取り組んでいる。現在まで、ロサンゼルス地域で整形外科・筋骨格系疾患の患者さんの評価と治療を続けている。

丸毛 達也 PT

セントルイスの先生方のセミナーの後は、肩関節の患者さんを治療する時の感覚がよくわかりました。見えていなかったものが見えてきました。モヤっとしていたのがはっきり見えるようになりました。バーチャルのコースをトライしてみることでも勉強になりました。自分も今まで見たことのない症例も動画で見れていい経験になりました。

上倉 将太 PT

大学生のバスケの指導をしている時に、アライメントや運動の問題に関する気づきがすごく多くなりました。臨床家にとって得るものはすごく大きいコースです。これだけ系統だった評価と診断ができれば整形外科の患者さんを見られているPTは仕事が楽になると思います。日本のPTの運動器の教育の中ではMSIのコンセプトをどんどん入れたほうがいいと思っています。

キャンセルポリシー

・登録後、ご自身のご都合によりキャンセルされる場合、$50を手数料として徴収させていただきます。1113日以降にキャンセルの連絡をいただいた場合、キャンセル料$250を負担していただきます。1119日以降のキャンセルに関しては返済ございませんのでご了承ください。
・なお、返金の際に生じる為替のレートの変動や返金手続きにかかる手数料により日本円での返金額が異なる可能性がございます。Nexus Motionでは責任は負いかねますので、予めご了承ください。
・万が一、講師に変化があった場合でも返金はございませんので、あらかじめご了承ください。質の高いMSIの勉強の場を提供させていただくことは保証いたします。
・天候の影響や震災などに伴う損失に関して、Nexus Motionでは責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。ライブ配信に参加する環境(インターネットの接続、マイク・カメラのセットアップ)に関しては参加者ご自身で責任を持って準備していただくようお願いします。

2020 LAMSSライブ配信のお申し込みは終了しました